旅行

アイルランド観光なら田舎の方へ行くのがおすすめ。

こんにちは、ヒビラクです。

ワーホリビザを取得して7か月ほどアイルランドに滞在していました。

牧歌的な風景が広がるのどかな国ですが、いかんせん日本では知名度が低いようです。

距離的なものもあるでしょうが、都市近郊の観光名所を2、3日程で慌ただしくまわって楽しむタイプの国ではないってのも大きいでしょうね。

可能なら1週間ほど滞在してじっくり回ると味わい深い国なのかなーと思います。

短期滞在の観光なら

どうしてもアイルランドに行ってみたいけど短期滞在(~3日)しかできない!ってんならそれはそれで楽しみようも一応あります。

とりあえずビールもといアイリッシュパブ&ミュージック

首都ダブリンのアイリッシュパブを巡って、アイリッシュミュージックをとりあえず聞いておけばアイルランドに行ってきたよって言えますし、お酒好きならパブ巡りはかなり楽しいはず。

パブではギネスが鉄板。エールを頼むのもオススメです。

アイリッシュビア以外にも色んな国のビールが置いてあるところが大半なので色々飲み比べてみるといいです。

アイリッシュコーヒー(カルーアみたいな甘いコーヒーリキュールを入れたコーヒー)とかサイダー(リンゴのスパークリングドリンク。アルコール入り)もいいですね。

ミュージックをやっているパブは大抵土日限定だったりしますが、場所によっては毎日やってます。

例えばこことかは確か毎日アイリッシュミュージックのライブやってたはず。

The Temple Bar

アイルランドのビールをたくさん飲んでみたいならここもオススメ

The Porterhouse Temple bar

どこもかしこもアイリッシュパブだらけなので、自分だけのお気に入りパブを探すなんて楽しみ方もいいかもしれません。

観光スポットもちゃんとあるよ

ギネスの工場とキルメイナム刑務所、ジェイムソンの工場あたりが定番観光スポット。

ギネス工場は言わずもがな。

キルメイナム刑務所はアイルランドの独立に関わる多くの人物が投獄された場所らしく、歴史を語る上では外せない場所との事。

映画のロケに使われたり、ロックバンドのU2がPV撮影に使ったりしたらしいです。

実際に行きましたが、確かに重厚感があって歴史を感じさせる建物や構造物でした。人によってはフォトジェニックに感じるかな?わたしはこの時なんとカメラが電池切れでした。残念。

個人的には一回行けば十分でした。

ジェイムソンはアイリッシュウィスキーの代名詞的なお酒。ギネスの工場と似た趣があります。

ギネス工場もジェイムソン工場もキルメイナムも施設内ツアーという名目で回るので、ツアー時間のチェックと早めの現地到着がオススメ。

多分30分~1時間程度のツアー間隔だったような。

あとギネスとジェイムソン工場はツアーの最後に試飲があります。やったね。

現代美術館とやたらデカいフェニックスパーク

キルメイナムやギネスの工場の近くにはアイルランド現代美術館があります。

歩いて行ける距離なので気が向いたら行ってみるのもいいかもしれません。

現代美術館内はあまり印象に残ってないのですが、庭園がそれなりの広さのイングリッシュガーデンになっていてこれまたフォトジェニックな感じです。

ギネスの工場からだと30分ほど、キルメイナムからは15分ほど歩いたところにフェニックスパークというだだっ広い公園があります。

広すぎて自分の中の公園の概念がぶっ壊れました。

晴れてたらサンドイッチ持って公園でのんびりランチが気持ちよかったです。

見上げた空もやたら広かった・・・

多分グルっと回るだけでも2時間以上はかかりそう。行ったことはないですが園内に動物園があります。

ダブリン近郊へちょっと足を延ばすと?

首都ダブリンから少し足を延ばすとアイルランドの自然を堪能できます。

ダブリンから電車を使って北東側にあるハウス(Howth)や南側にある港町のダンレアリ(Dun Laoghaire)やブレイ(Bray)はアイルランドの港町の風情を色濃く感じさせてくれるので一見の価値ありです。

上記に加えて少し足を延ばしてウィックローマウンテンズ(Wicklow mountains)まで行けばダブリン近郊の旅行としてはほぼ満足できます。

 

ハウス(Howth)は岬みたいになっている土地で、電車を降りたらHowthの港と海鮮を売りにしているレストランなどがあります。当たり前ですがパブもあります。

Howthの岬には先端を周るように風光明媚なハイキングコースがありますので、これを歩くのがオススメです。

大体2~3時間でHowthの駅から岬の先端にある灯台のBaily Lighthouseまで往復できます。

 

ブレイ(Bray)は港町+山です。

海岸線は公園として整備されていて観光客や住人たちのいこいの広場みたいになってます。

そこからBray headと言われている山の方へ行けます。

海側へ張り出した山みたいな感じになっていて、登るとBray一帯の海岸線、アイリッシュ海、低い丘が連なる田舎の牧草地帯などなどが広く見渡せます。

 

ダンレアリ(Dun Laoghaire)はダブリンからBrayへの途中にある港町です。

Brayが田舎の港町のような感じだとしたら、ダンレアリはもう少し都市的な港町感があります。

ザ・観光地!という感じは全くないですが小さくまとまった雰囲気のいい町です。

晴れた日に散歩するなら最高。

 

ウィックローマウンテンズ国立公園はいいところですが、もしダブリンから日帰りで行く場合は一日がかりです。

行く場合はダブリンを朝出て夕方位に帰ってきてパブを巡る、なんてプランがいいかもしれません。

ウィックローマウンテンエリアといっても大分広いのですが、ツアーなどで有名なのはグレンダロー(Glendalough)の2つの湖です。

一応宿泊できる施設もあります。

ウィックローマウンテンエリアへ行くにはバスが出ていたはず。

バスはBusáras Bus Stationからアイルランド全土に出ています。

遠出する場合はとりあえずここに行くといいです。

Busáras Bus Station

 

ダブリンは首都といえば聞こえはいいですが、人口規模からすれば日本の地方都市みたいな感じです。

ここに挙げた以外にも観光スポットは色々ありますが、有名どころを回るだけなら2日、余裕を見て3日あれば十分です。

もしウィックローマウンテンに行くなら確実に3日は欲しいところ。

長期滞在の観光ならこんな場所も行ける!

※随時追記中