日々のこと

やる気が出ないときの処方箋

こんにちは、ヒビラクです。

仕事にせよ趣味にせよ、やらなきゃいけない事/やった方がいい事があるけれどなかなかやる気が出ない・・・なんて事ありますよね。

わたしは撮影現場以外では写真編集などほぼ家に閉じこもっての仕事をしていますが、家の中というのは色々誘惑が多いものです。

やる気が出ないときは、つい本を読んでしまったりネットで訳もなくニュースを見まくったり昼寝をしてみたりと、なかなかやる気モードにならんです。

とはいえやらなきゃイカンことはやらないといけませんので、やる気がなかなか出ない状態とは上手く付き合っていかなくちゃなりません。

そんな時に役立つかもしれないわたしなりの処方箋。

とりあえずやってみる

いきなりミもフタもないですが泣いても喚いても自分が取れる行動としては、やるべき事に対して「行動する」か「行動しないか」の2択しかないです。

そして遅かれ早かれやるしかない事なのだったら、とりあえず手を付けてみるといいです。

とりあえず3分やってみるとか。

わたしの場合だとやる気出ないな~って思ったら3分だけやってみるつもりで取り掛かります。

手を動かすと本当に短い時間でも、もうちょっとやるか・・・的な気分になります。

ちなみにこの記事もやる気が出なかった時に3分やってみるか法で始めて書き上げました。

これをやる時に重要なのが作業内容も取り掛かる準備もすごーく簡単に済むものに手をつけること。

いきなり大変な部分をやると、せっかく手を付けてもすぐにムクムクと「メンド臭い」とか「眠い」とか「マンガ読みたい/ゲームしたい」って気持ちが出てきます・・・

軽い作業から始めてノッてきたら重い部分に取り掛かりましょう。

もし軽い作業をしながら3分経っても続ける気にならなかったら、それはもう仕方ないので大人しく気分転換を図ります。

気分転換には取り掛かる前にしていた事とは別の事をするといいです。

シャワー浴びたり、コーヒー飲んだり、散歩したり、軽い筋トレなんかもいいですね。

その後にまた3分やるを繰り返せばいいだけの話です。

とりあえずやってみる為のやる気が出ないんだよ!

とはいっても、その3分すらやるのがダルい時があります。

わたしには病的ななまけ癖があるのかもしれません・・・

それでもやっぱりやらなきゃいけない事はやらなくてはいけません。

こういう時はまず自分で自分に対して言い訳をします。

やる気が起きないのは自分のせいじゃない。」っていう風に。

やる気が出ないのはやる気が起こる事じゃないからいけないのだ。

わたしは悪くない!!でもやらなきゃいけないからしょうがないからやってる!!

こんなメンタルでとりあえず3分取り掛かってみます。

やる気が満ち溢れてくる状況なんてない

やる気に満ち溢れていそうな人を見ると心の底から「ああ、すげぇなぁ」なんて思います。

が、どうもわたしはそういう星の元に生まれていないようなので自分なりの戦い方を模索しています。

今のところ判明したのは、やる気なんてのは待ってると自動的に湧きあがってくるようなもんじゃないという事。

経験から鑑みるに、やる気が出たらやるという心持でいるとほぼやらなかったか、やるにしてもそれはタイムリミットが近づいて尻に火が付いた状況になったからでした。

なのでやる気なんてものは、実際に手を動かして初めて湧いてくるものか、自分が恐れる状況(死ぬ、信用を失うなど)に陥る寸前にまでならんと出ないものなのかもしれません。

 

人それぞれやる気が出るタイミング出す方法って違います。

ただ、自分がどういうタイミングで「やる気のスイッチ」がONになるかを自覚しておくとイイんじゃないかなーとわたしは思うのです。

もしやる気が出ないなーと思ったら、その気持ちを抱えたままでやる気が「出るかもしれなさそう」な方法をいくつか試してみるといいです。

それでもし何かがヒットしてちょっとでも行動に繋げる事ができたら、それを自分のやる気スイッチリストに加えておくと後々役に立ちますよ。きっとね。