winter

リバティスキー2016-2017シーズンモデルの感想2

こんにちは、ヒビラクです。

今回はパウダースキーブランドの知る人ぞ知るブランド、Liberty Ski 2016-2017シーズンモデルに乗ってみた感想レディース板編です。

パウダー機種はこちら。

関連記事:リバティスキー2016-2017シーズンモデルの感想

全部の機種に乗って感じて調整したり乗ってる人達の話を聞いたり、なんて事をしてたLiberty skisのいちファンです。

今回はリバティスキーのレディース機それぞれについて、わたしからみた使用感。

なおわたしは男なので、女性の方が使用した時の感想をメインにわたし自身が使った時の感想を総合しています。

Envy

長らくリバティスキーのベストセラーモデルとして君臨していたHelix。

どこにでも何にでも卒なく対応できる超超々オールラウンドなファットスキーだったのですが、なんと今シーズンはラインナップよりドロップしちゃいました。

その代わりOrigin106が後継としてクローズアップされてます。

Envyはそんな超々オールラウンダーなHelixをレディース向けに味付けしています。

Helixとスペック的にはほとんど一緒なのですが、唯一違うのは板の厚さ。

EnvyはHelixより若干薄くなっているので、女性でもしっかり踏んで板をたわませる事ができます。

パウダーを滑っているとき、板をたわませる為にグッ!!と踏んで加重すると板のたわみの反力でパウダーからスッと浮いてくるんですよね。

この「踏む→一瞬沈む→フワっと浮く」の一連の流れを上手くコントロールするのがパウダーを滑るコツであり楽しさだと思ってるんですが、やっぱり脚力はある程度必要です。

Helixはメンズの脚力向けなので、女性ならEnvy位がちょうどいいかなと思います。

実際にHelixとEnvy両方を乗り比べた女性の方もEnvyの方が断然扱いやすいねとの事でした。

あとEnvyを実際に使っている方達曰く軽くていいという話がちらほらありました。

 

Jinx

リバティオールラウンダーの双璧たるHelixとSequence。

Sequenceはセンター幅95mmと、Helixに比べてよりハードコンディションやゲレンデ向きだったりするんですが、このJinxはSequenceの板厚を薄くして女性の脚力になじむように再設計されています。

それ以外のスペックはSequenceと一緒です。

Sequenceは元々張りの強い板なんですが、それを薄くしたJinxはちょっぴりマイルドになってます。

Envyとあんまり変わらんかなーというところですね。

ザ・オールラウンダーといった感はEnvyと変わらないので迷った場合は見た目と、パウダーでどの位滑れるかのスキルを勘案すればいいです。

パウダーでの滑りやすさはEnvyのが上ですが、ハードコンディションになってくるとJinxの良さが際立ってきます。

 

Genesis

パウダーモデルのエポックメイキングなモデル、Originをそのままレディース向けに味付けしなおした板です。

基本スペックはOrigin116に準じますが、板の厚みはGenesisの方が若干薄いのでOrigin116よりも柔らかめです。

Origin116は元々結構柔らかいのですが、Genesisはそれにも増して柔らかい・・・

ビンディングを取り付けている時に、柔らかいし板厚もそんなないし大丈夫か?と思った事があります。

ま、実際滑ってパウダーいったりゲレンデいったりクラスト斜面やらアイスバーンいっても平気でしたけどね。

ロッカーシェイプもOrigin譲りでかなり大きいです。

柔らかさと相まってパウダーでの浮力はピカイチ。

何にも考えなくてもパウダーを滑れるのでパウダーの中で楽に楽しく滑るならもってこいです。

ただし硬い斜面はかなり苦手。

これはOrigin116にも言えるのですが、ロッカーシェイプが大きくて柔らかい板というのは確かにパウダーでは楽しくてラクなんですが、ハードバーンでの足元の不安感とトレードオフになっちゃいます。

ことGenesisはかなり柔らかいので、硬い斜面にはあまり近づきたくないですね。

 

Variant 87w

メンズが黒バリなら、レディースはさしずめ白バリといったところでしょうか。

フェイスが超オシャレ・・・

でもある方いわくフローリングに牛乳こぼしたところからインスピレーション湧いたんじゃないか?とのこと。ほんとか?

実はあんまり乗った機会がなくて1回だけしか滑ってないので薄い感想になっちゃいます。

張りに関してはカーボンが入っている分EnvyやJinxよりは多少硬いかなといったところ。

メンズVariantほどじゃないですがアイスバーンなどのハードコンディションの斜面でもしっかり滑れる感じでした。

パウダーには行けてないですが春のザラメ雪ではトップの幅もあり雪を蹴散らしながら足を取られることもなかったので、ある程度の浮力発揮しているなーといった感覚です。

メンズのVariant87と同じく、一応はパウダーにもいけるゲレンデメイン板でしょうね。

 

 

総括すると、

バックカントリーに行きたい!

→Variant 86w以外お好みで。

パウダーで飛んだり跳ねたりふわふわした浮力を感じながらパウダーをラクに楽しみたい!

→Genesis

オールラウンドに楽しみたい!(バックカントリー、ゲレンデパウダー寄り)

→Envy

オールラウンドに楽しみたい!(硬いコンディション向け)

→Jinx

一応パウダーもいけるようなゲレンデメイン板が欲しい!

→Variant87

こんな感じになります。メンズと変わんない!

ちなみに女性は大抵Envyの評判が高かった気がします。

しっかり踏める、滑れる人はJinxのが好みって言ってましたが大抵そういう人はメンズモデルに乗るんですよね。

わたしは扱いやすいJinxが結構好きでした。

 

関連記事:リバティスキー2016-2017シーズンモデルの感想

関連記事:Liberty ski 2017-2018 NEWモデルが発表されました!

 

バックカントリーに行くときは必ず三種の神器!

ビーコン、ゾンデ、ショベルを携行していない同行者とは山に入らないのが雪山のルール!

使いやすく評判の高いMAMMUTのビーコンとショベル、ゾンデをセットにしたお買い得モデルがオススメです。

好日山荘:MAMMUT(マムート)エレメント バリーボックス パッケージ