winter

16-17冬はスキースノーボード用品がお買い得?

12月を目前に札幌では結構な雪が降ったようです。
紅葉と雪の競演は見事だったようで、色々と写真を見せてもらいました。

にわかに活気づいてきたのがスノースポーツ・ウィンター業界。

今回はスキースノーボード用品のお買い得タイミングの話。

25

スノースポーツ業界で働いていた事もあり色々と情報が入ってくる訳ですが、2016-2017シーズンはスノーボード・スキー用品がかなりお買い得になりそうです。

かなりの雪不足だった2015-2016シーズン

15‐16シーズンは本当に雪が少なかったです。

スキー場の完全オープンも場所によっては1か月ほど遅れたり、スキー場クローズも数週間早まったりとなかなか大変なシーズンでした。

こうなると消費者心理も冷え込むのかウィンター用品の売れ行きは各小売、ブランド共に振るわなかったようです。

そうなってくると問題になるのが売れ残った商品達。

毎年ある程度は売れ残りが出るものですが、特に今年はどのメーカーも在庫がだぶついている可能性があります。

お買い得なタイミングはいつ頃?

およそ2月から3月がねらい目です。

シーズン終了間際の4月5月は割引率がかなりいいですが、サイズや色などの選択肢がかなり限定されます。

NEWモデルに関しては既に早期購入者に対してのアプローチが終わってます。

これから12月のクリスマスセール1月のニューイヤーセールがありますが、ここで値引き幅の大きい型落ちモデルはそんなに出してこないはずです。

NEWモデルが売れなくなっちゃうからね。

それらが落ち着く2月ほどから各小売店やブランド直営店では在庫処分セールが始まります。

このタイミングで売れ残ったNEWモデルを処分していく訳ですが、ついでに各社型落ちモデルも処分しようとします。

ココがねらい目。

在庫数の多い15‐16シーズンの在庫を値引き率を高くしてでも一気に処分しようとする可能性が考えられます。

ウィンター用品は2シーズン落ちとなってしまうとかなり市場価値が下がります(性能的には最新モデルとほとんど変わらんけどね)

なので2月からのセールでは各小売店と直営店は15‐16シーズンのモデルをかなりの値引き率で処分しようとする可能性が高いです。

特に販路の選択肢が少ないスモールブランドに関しては顕著です。

逆にビッグブランド(サロモンとかK2とか)はあまり変わり映えしないかも。

お買い得な場所はどこ?

専門店やブランド直営店がねらい目です。

元々それなりにいいお値段の商品がかなりの割引率で置いてある可能性があります。

量販店などはビッグブランドの取り扱いがほとんどなので例年と変わり映えはないんじゃないかなーと考えています。
そもそも元から十分安いしね。

 

2016‐2017シーズンは雪が多いといいですね。
各ブランド・小売りに勤める友人たちの心の平安は雪次第のようです。