自分で被写体の演出をするのは楽しい!

物撮りワークショップの企画を立てて開催してきました。

身近なものを利用して演出しながらなんか撮りましょうっていう企画です。

被写体の演出案は千差万別。なんでもアリ。

今回開催したワークショップは特にコンセプト等を設定せずに、演出アイディアや撮影の仕方を各自好きなように試行錯誤しながら撮ってみましょうという流れ。

制限をかけずにやっていると人それぞれ独自の工夫が見えてきて面白いですね。

撮影が進んでいくと参加者からどんどん”こうやって演出・撮影したら面白く映るんじゃないか?”というアイディアが出てきますので時間を忘れて楽しんでしまいます。

風景や人物などの”既に存在しているもの”を作品として撮影するのと、自分で被写体を創意工夫して作っていったものを作品として撮影するのは全然趣が異なりますね。

わたし自身の仕事としては”既に存在しているもの”の撮影がメインであることが多いのですが、今回のワークショップのように自分で被写体を演出していく撮影も多くしていきたいところ。

今後ワークショップを継続開催していくうちに参加者が増えていったらいいなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク