ゲレンデでのカメラの扱いで気を付けるべきポイント

こんにちは、ヒビラクです。

長野県は白馬村の雪山で撮影をしていました。

今回はスキー場にデジタル一眼レフを持っていくときに気を付けているポイントをいくつか紹介します。

雪が付いたらすぐ払う

デジイチはボディ、レンズ共に防水じゃありません。

仕事で使っているのは防塵防「滴」モデルですが、万が一を考えて雪の付着や水濡れには気を使っています。

気温が低ければ雪が着いても払えばいいのですが高いとすぐ溶けて水になりますので、撮影の合間合間にタオルを持って頻繁に拭いています。

防塵防滴性能のないカメラであれば、基本的には雪山に持ち出すのはオススメしません。

が、しっかり拭いて水滴が付かないようにしたりすれば使えなくもないです。

でも壊れる可能性や、レンズの中に水が入る可能性が十分あります。

端子部カバーを開けたりメモリー、レンズ交換をしない

水濡れと関連してきますが、防塵防滴カメラは端子カバーなどの部分にラバーのパッキンが付いていて水の侵入を防いでいます。

レンズ部分もしかり。

防塵防滴カメラを持っていても、普通のカメラを持っていても、故障のリスクを避けるためにこれらの部分の開け閉めはゲレンデ上では可能な限りしないようにしましょう。

ボディに付着した水滴や自分からしたたる滴が端子部に入り込むと故障の原因になります。

特に雪が降っている状況などでレンズ交換は絶対にやっちゃダメです。

カメラを暖かい場所に置かない

休憩や食事時に暖かい室内で撮影した写真を仲間内で見せ合ったりするのは楽しいものです。

でもカメラにとって、ゲレンデの寒い環境から暖房の効いた室内に移動するのはかなり負担が大きいです。

また、ゲレンデ上の建物はスキー客に付いた雪が溶けるなどして高い湿気なので、冷えたカメラを暖かい室内に持ち込むと高い確率でレンズが曇ります。

カメラが室温に馴染むにつれて曇りはとれてきますが、そこでゲレンデの低温下にカメラを持ち出すとまた曇ります。

こうなってしまうとカメラが外気温に馴染んで曇りが取れるまで撮影ができませんので、カメラバッグがあればその中に入れてなるべく出さない&出来るだけ室温の低そうな場所に置いておくといいです。

少なくとも暖房の近くに置くことだけは避けなくてはいけません。

予備バッテリーは肌に近いポケットに入れておく

寒い時期にスマホを使っていると電池残量が数十パーセントあるのに電源が落ちたりする事があります。

これは低温環境下でバッテリーの性能が低下する事が原因。

同じ事がデジイチでも言えて、バッテリー残量が十分の表示なのに電源が落ちたりシャッターが切れなくなったりします。

こうなる事を防ぐ為にも予備バッテリーはなるべく低温にさらされないように工夫をするといいです。

わたしの場合はジップロックに入れて内側のポケットに入れています。

稀に極低温になりそうな事が予想される場合はホッカイロとバッテリー入りのジップロックを同じポケットに入れておいたりもします。

ゲレンデから帰ったら水気をしっかり飛ばす

ゲレンデでの撮影から帰ったら必ずカメラを拭いて、湿気の少ない部屋でカメラ内の湿気を飛ばしてください。

特に湿気ったカメラバッグに入れたままとかはご法度です。

これを怠るとレンズ内にカビや水滴、取れない曇りが発生したり、カメラ本体が故障する原因になります。

吸湿材を入れた簡単な防湿ボックスに入れておくのがオススメ。

ゲレンデでスキー・スノーボードをデジイチで撮影すると、スマホで撮影するのとは一味違ったカッコイイ写真が撮れます。

いくつか挙げたちょっとした心がけをしながら、ゲレンデで最高の一瞬を切り取っちゃいましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク